EQUIPMENT

設備・仕様

ECOLOGY

エコライフを永住の視点で考えたグランフォーレ品質。

M・E・Mのマンション一括受電システム(エネシェアプラン)
一括受電システムは、マンションの建物全体をひとつの事業所とみなすことで電力会社と高圧受電契約を結び、各ご家庭の電気料金を割安にする仕組みになっています。
M・E・Mのマンション一括受電システム(エネシェアプラン)

◆概念図

電気料金が10%も節約できます。
お得な電気料金以外にもこんなメリットがあります。
  • ●電気使用量をリアルタイムに「見える化」
  • ●アラートメール活用でさらなる節電意識向上!
  • ●遠方からの電気使用量確認で「見守り」
  • ●過去2年分の電気料金明細をいつでも確認可能!

※M・E・Mの3LDK導入実績より一般家庭374Kwhを想定して算出。※九州電力(株)従量電灯B40A契約(2019年11月単価)を基に算出。※燃料調整額、再生可能エネルギー賦課金は変動するため含まず算出。※実際の契約容量と使用量に応じて割引額は変動致します。

超節水&節電のECOトイレ
超節水&節電のECOトイレ

◆概念図

これまで主流だった(大洗浄時流水量/13L)に比べ、大洗浄(4.8L)小洗浄(3.6L)、さらにECO小洗浄(3.4L)で、年間おフロ223杯分以上(53,582L)の節水を実現。水道料金なら年間約14,200円お得です。

【試算条件】■洗浄水の使用量:従来品13L/回・ZJ2タイプ:大4.8L、小3.6L(eco 小3.4L※2)/回 ■ 節水の試算条件:2017年12月現在 年間使用日数:365日 家族4人(男性2人、女性2人)大1回/日・人、小3回/日・人 ※「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より水道代265(税込)円/㎥ ※(一社)日本バルブ工業会より ※1.1987~2001年商品(C720R)※2.eco小ボタン使用時、男子小用時のオート便器洗浄のみ ※消費税率8%での試算をしています。

給湯時の排熱を上手に利用する「エコジョーズ」
給湯時の排熱を上手に利用する「エコジョーズ」

◆概念図

排熱を再利用することで95%の熱効率を実現する「エコジョーズ」。熱効率を上げることで、CO2排出量とガス料金を削減できるようになりました。

エコ運転のオートタイプ給湯器

スイッチひとつでお湯はり開始、自動ストップ・自動保温までこなします。リモコンの「エコ運転」スイッチでガスや水の使用量を自動的にセーブできます。

エコ運転のオートタイプ給湯器

※左記料金は令和元年9月現在のもので、消費税等相当額を含んだ金額です。数値は4人家族を想定し算出しています。※数値はあくまでも参考です。お客様の使用状況で異なる場合があります。※ガス使用料は46メガジュール(11,000キロカロリー)地区で算出しています。西部ガス調べ

スイッチ付エコフルシャワー
スイッチ付エコフルシャワー

シャワーヘッドに内蔵した羽根車が水圧をあげて、少ない水量でも勢いのある超節水シャワーです。

浄水器一体型混合水栓
浄水器一体型混合水栓

節ガス効果が従来の混合栓に比べ約41%あり、約8,600円/年も水道代、ガス代がお得になり経済的です。

●水道代:約1,600円/年 ●ガス代:約7,000円/年
※メーカー調べ 詳しくは係員にお尋ね下さい。

断熱に優れたペアガラス(複層ガラス)

◆概念図

断熱に優れたペアガラス(複層ガラス)

板ガラスの中空層にある空気が、熱が最も移動しやすい窓の断熱性能を高め、室内の暖房熱を外に逃がさず、外から冷気が伝わるのを防ぎ、暖房効果をぐんと高めます。

食器洗い乾燥機
食器洗い乾燥機

先進のエコ機能を搭載し、6つの運転コースから選んで経済的にご利用いただけます。

●(標準コース)※手洗いと比べて年間/1日2回使用の場合
※メーカー調べ詳しくは係員にお尋ね下さい。

様々なエコ設備を完備 LED照明
様々なエコ設備を完備
LED照明

省エネ力+長寿命。電気代を大幅に節約できるLED照明を共用部分や住戸内のダウンライト照明に使用。紫外線・赤外線をほとんど含まない、人にやさしい照明です。(一部除く)

建物にもエコな工夫を凝らし、お得で快適な省エネを実現しています。

[断熱等性能等級4を取得]

本物件は、住宅性能の中でも断熱等性能への評価で最高等級4を取得しています。

断熱等性能等級4を取得

◆概念図

※断熱等性能等級は、できる限りエネルギーの使用量を削減しつつ暖冷房を行うための住宅の外皮性能の断熱・日射熱取得性能などを高めるために、十分な工夫を講じていることを評価する指標です。

本マンションは[最高等級] 温熱環境の評価項目
「最高等級4」の取得により、さまざまなメリットがあります。

断熱性能に優れた「最高等級4」の住まいは、断熱性向上によるランニングコストの抑制や、税制や住宅ローンなどで優遇措置を受けられるメリットがあります。詳しくは係員へお問合せください。

※断熱等性能等級は「住宅の品質保証の促進に関する法律」の住宅性能表示制度の10分野の1つである、温熱環境の評価項目です。省エネルギー対策各等級の断熱性能レベルは、概ね各年代の省エネルギー基準に準拠しています。

屋上を断熱材で覆う外断熱工法

太陽光や雨の影響が大きい屋上を断熱材ですっぽり覆うことで、昼夜の温度差が小さくなり住居部分の快適性が向上。省エネや結露対策にもなります。さらに断熱材がコンクリートの劣化を抑え、建物を長持ちさせます。(一部を除く)

屋上を断熱材で覆う外断熱工法

◆概念図

PAGE TOP